webcat_plusで詳細を確認

このページのリンク

ライプニッツの国語論 : ドイツ語改良への提言 / ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ[著] ; 高田博行, 渡辺学編訳
ライプニッツ ノ コクゴロン : ドイツゴ カイリョウ エノ テイゲン
(叢書・ウニベルシタス ; 843)

出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 2006.3
大きさ 148p ; 20cm
一般注記 参考文献: p141-146
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(1F)

103888019
4588008439

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Unvorgreiffliche Gedancken, betreffend die Ausübung und Verbesserung der Teutschen Sprache
原タイトル:Ermahnung an die Teutsche, ihren verstand und sprache beßer zu üben, sammt beygefügten vorschlag einer Teutsch gesinten Gesellschaft
著者標目 Leibniz, Gottfried Wilhelm, Freiherr von, 1646-1716
高田, 博行(1955-) <タカダ, ヒロユキ>
渡辺, 学 <ワタナベ, マナブ>
件 名 BSH:ドイツ語
NDLSH:Leibniz, Gottfried Wilhelm(1646〜1716)
LCSH:Leibniz, Gottfried Wilhelm, Freiherr von, 1646-1716
分 類 NDC8:840
NDC9:840
NDC8:134.1
書誌ID SS00646933
NCID BA76214275 WCLINK

 類似資料