webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

男性同盟と母権制神話 : カール・シュミットとドイツの宿命 / ニコラウス・ゾンバルト [著] ; 田村和彦訳
ダンセイ ドウメイ ト ボケンセイ シンワ : カール シュミット ト ドイツ ノ シュクメイ
(叢書・ウニベルシタス ; 441)

出版者 東京 : 法政大学出版局
出版年 1994.7
大きさ ix, 505p ; 20cm
一般注記 原書 (München : Carl Hanser, c1991)の全訳
本文中に引用されたカール・シュミットの著作: p491-494
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(2F)

104221334
4588004417

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Die deutschen Männer und ihre Feinde : Carl Schmitt, ein deutsches Schicksal zwischen Männerbund und Matriarchatsmythos
著者標目 *Sombart, Nicolaus, 1923-
田村, 和彦(1953-) <タムラ, カズヒコ>
件 名 BSH:Schmitt, Carl.
BSH:ドイツ -- 歴史  全ての件名で検索
LCSH:Schmitt, Carl, 1888-
分 類 NDC8:234.07
NDC8:311.234
書誌ID SS00933604
NCID BN10994095 WCLINK

 類似資料