webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

実在論の新展開 : ポストモダニズムの終焉 / 河野勝彦著
ジツザイロン ノ シンテンカイ : ポストモダニズム ノ シュウエン

出版者 京都 : 文理閣
出版年 2020.6
大きさ 268p ; 20cm
内容注記 カンタン・メイヤスーの思弁的唯物論
カンタン・メイヤスーの偶然性の必然性について
カンタン・メイヤスーにおける物自体の存在とその無矛盾性の証明
因果的必然性をどう考えるか
ロイ・バスカーの超越論的実在論
マウリツィオ・フェラーリスの新実在論
マルクス・ガブリエルの「新しい実在論」
グレアム・ハーマンの対象指向存在論
実在論をどう考えるか
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(4F)

105542522
9784892598692

書誌詳細を非表示

別書名 標題紙タイトル:New movement of realism
著者標目 河野, 勝彦(1945-) <コウノ, カツヒコ>
件 名 BSH:実在論
NDLSH:実在論
分 類 NDC8:115.4
NDC9:115.4
NDC10:115.4
NDLC:H24
NDC10:111.8
書誌ID SS01131770
NCID BC0087158X WCLINK

 類似資料