webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

古代日本海文化 : シンポジウム / 森浩一編
コダイ ニホンカイ ブンカ : シンポジウム

出版者 東京 : 小学館
出版年 1983.4
大きさ 295p ; 20cm
内容注記 古代日本海随想 / 松本清張 [述]
日本海の古代文化と考古学 / 森浩一 [述]
古代史における日本海文化 / 門脇禎二 [述]
文化人類学から見た日本海文化 / 大林太良 [述]
日本海を渡った椿油 : 日本と渤海の文化交流 / 高瀬重雄 [述]
出雲勢力の越中進出について / 黒岩重吾 [述]
日本海文化をめぐる問題提起 : 討論 / 門脇禎二, 大林太良, 高瀬重雄, 森浩一, 黒岩重吾 [述] ; 松本清張司会
旧石器時代から縄文時代まで / 小島俊彰 [執筆]
弥生時代から平安時代へ / 橋本澄夫 [執筆]
一般注記 内容: まえがき(森浩一), シンポジウム参加者の紹介, 講演: 古代日本海随想, 第1部: 日本海をめぐる古代文化(提論「日本海の古代文化と考古学」-提論「出雲勢力の越中進出について」), 第2部: 討論 日本海文化をめぐる問題提起, 第3部: 北陸を中心とした遺跡(「旧石器時代から縄文時代まで」, 「弥生時代から平安時代へ」), 資料編
第三部の各論文末に参考文献あり
資料編: 日本との交渉を中心とした渤海史年表: p258-265, 渤海使一覧: p266-273, 遣渤海使一覧: p274-275, 古代の日本海文化関係地図: p276-277, 日本海沿岸の主要歴史地名p278-283, 日本海沿岸の主要遺跡: p284-295
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示



101888501
4093900418

書誌詳細を非表示

別書名 その他のタイトル:シンポジウム古代日本海文化
著者標目 森, 浩一(1928-2013) 編 <モリ, コウイチ>
日本海文化を考えるシンポジウム (第1回 : 1981.11 : 富山市) <ニホンカイ ブンカ オ カンガエル シンポジウム>
松本, 清張(1909-1992) <マツモト, セイチョウ>
門脇, 禎二(1925-2007) <カドワキ, テイジ>
大林, 太良(1929-2001) <オオバヤシ, タリョウ>
高瀬, 重雄(1909-2004) <タカセ, シゲオ>
黒岩, 重吾(1924-2003) <クロイワ, ジュウゴ>
小島, 俊彰(1942-) <コジマ, トシアキ>
橋本, 澄夫(1933-) <ハシモト, スミオ>
件 名 NDLSH:日本 -- 文化 -- 歴史 -- 古代  全ての件名で検索
分 類 NDC8:210.3
NDLC:GB191
書誌ID SS00687656
NCID BN00590395 WCLINK

 類似資料