webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

源氏物語を書きかえる : 翻訳・注釈・翻案 : 2017年パリ・シンポジウム / 寺田澄江 [ほか] 編
ゲンジ モノガタリ オ カキカエル : ホンヤク チュウシャク ホンアン : 2017ネン パリ シンポジウム

出版者 東京 : 青簡舎
出版年 2018.11
大きさ 347p : 挿図 ; 22cm
内容注記 テクストと翻訳者 / ロイヤル・タイラー著 ; 寺田澄江訳
どこまで翻訳するか / ジャクリーヌ・ピジョー著 ; 寺田澄江訳
ロシアにおける平安文学の翻訳と受容 / アレクサンドル・メシェリャコフ著 ; 奈倉有里訳
フランス翻訳事情 / エマニュエル・ロズラン著 ; 寺田澄江訳
チェコの翻訳伝統と『源氏物語』の翻訳 / カレル・フィアラ著
『源氏物語』の物語言説における文について / ダニエル・ストリューヴ著 ; 寺田澄江訳
『源氏物語』の韓国語訳と日本古典文学の再誕生 / 李美淑著
古典日本文学の翻訳における単語選択や文章の区切り / マイケル・ワトソン著
江戸および明治初期の訳者たちにおける翻訳概念 / レベッカ・クレメンツ著
江戸の「二次創作」 / 畑中千晶著
与謝野晶子が書きかえた『新訳源氏物語』 / 神野藤昭夫著
ジェンダーと翻訳 / ゲイ・ローリー著
とぞ / 寺田澄江著
翻訳研究にとって『源氏物語』とはなにか / マイケル・エメリック著
注釈もまた翻訳である / 加藤昌嘉著
釈教歌の翻訳・解釈について / ジャン=ノエル・ロベール著 ; 寺田澄江編・訳
源氏物語英語注釈の可能性 / 緑川眞知子著
翻訳以上、翻訳未満の『源氏物語』 / 陣野英則著
偐紫田舎源氏 / 小林正明著
今源氏を書くこと、そして読むこと / アンヌ・バヤール=坂井著
「光源氏」を書き変える / 北村結花著
加工文化としての翻訳 / 立石和弘著
翻訳、注釈、翻案を考える三年間〈二〇一五~二〇一七〉 / 寺田澄江著
一般注記 その他の編者: 加藤昌嘉, 畑中千晶, 緑川眞知子
付: 参考文献
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(1F)

105438981
9784909181114

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:源氏物語を書きかえる : 翻訳注釈翻案 : 2017年パリシンポジウム
著者標目 寺田, 澄江(1948-) <テラダ, スミエ>
加藤, 昌嘉 <カトウ, マサヨシ>
畑中, 千晶 <ハタナカ, チアキ>
緑川, 真知子(1953-) <ミドリカワ, マチコ>
件 名 NDLSH:源氏物語
NDLSH:紫式部(平安中期)
分 類 NDLC:KG59
NDC10:913.36
書誌ID SS01118813
NCID BB27383954 WCLINK

 類似資料