webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

本能寺の変の首謀者はだれか : 信長と光秀、そして斎藤利三 / 桐野作人著
ホンノウジ ノ ヘン ノ シュボウシャ ワ ダレカ : ノブナガ ト ミツヒデ ソシテ サイトウ トシミツ
(読みなおす日本史)

出版者 東京 : 吉川弘文館
出版年 2020.12
大きさ 280p : 挿図, 地図 ; 19cm
一般注記 「だれが信長を殺したのか : 本能寺の変・新たな視点」(PHP研究所 2007年刊)の改題増補
「ときは今…」を詠んだ謀叛の3日前、まだ信長襲撃を決断していなかった光秀が、なぜ本能寺の変を起こしたのか。近年重要視される四国説や明智家家老・斎藤利三の実像を探り、謀叛決行の真相に迫る。
参考文献: p251-261
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(2F)

105567147
9784642071314

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:だれが信長を殺したのか : 本能寺の変・新たな視点
異なりアクセスタイトル:本能寺の変の首謀者はだれか : 信長と光秀そして斎藤利三
著者標目 桐野, 作人(1954-) <キリノ, サクジン>
件 名 BSH:本能寺の変(1582)
分 類 NDC8:210.48
NDC9:210.48
NDC10:210.48
書誌ID SS01135004
NCID BC03973881 WCLINK

 類似資料