webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

表現としての源氏物語 / 廣田收著
ヒョウゲン ト シテ ノ ゲンジ モノガタリ

出版者 東京 : 武蔵野書院
出版年 2021.6
大きさ xiii, 586p ; 22cm
内容注記 平安京の物語・物語の平安京
古代物語研究の戦後と私の現在
『竹取物語』の表現「いつつもちて」考
昔話の語りと『竹取物語』の文体と構成
昔話と古典文芸『竹取物語』
『竹取物語』の文体と構成
『伊勢物語』の方法
『伊勢物語』と長岡京
『伊勢物語』翁章段
『源氏物語』における詠歌の場と表現
『源氏物語』女三宮の恋
『源氏物語』朝顔考
『源氏物語』の文体的特質
『源氏物語』における和歌の儀礼性
『源氏物語』繰り返される構図
久富木原玲著『源氏物語と和歌の論 異端へのまなざし』書評
説話研究の目的と方法
平安京の物語としての『宇治拾遺物語』
『宇治拾遺物語』猿楽考
『宇治拾遺物語』藤原朝成 水飯考
『源氏物語』表現の重層性をどう見るか
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(1F)

105612636
9784838607556

書誌詳細を非表示

著者標目 廣田, 收(1949-) <ヒロタ, オサム>
件 名 BSH:物語文学 -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:物語文学 -- 歴史 -- 平安時代  全ての件名で検索
分 類 NDC9:913.3
NDC10:913.3
NDLC:KG21
書誌ID SS01139355
NCID BC08301020 WCLINK

 類似資料