この情報を出力する

このページのリンク

近代朝鮮の社会と思想 / 飯沼二郎,姜在彦編
キンダイ チョウセン ノ シャカイ ト シソウ
(京都大学人文科学研究所報告)

出版者 東京 : 未来社
出版年 1981.3
大きさ 401p ; 22cm
一般注記 内容:朴斉家の思想 黒岩直樹著. 李恒老における衛正斥邪思想 - ウェスタン・インパクトと鎖国攘夷の論理 姜在彦著. 朝・中「両截体制」成立前史ー李裕元と李鴻章の書簡を通して 原田環著. 1904-7年目賀田改革 - 財政改革を中心に 羽鳥敬彦著. 乗松雅休の朝鮮伝道 韓〓曦著. 朝鮮総督府の農業技術 飯沼二郎著. 日帝下の自主的農業協同組合朝鮮農民社の展開 飛田雄一著. 十九世紀末・二十世紀初期における「白丁」 金静美著. 新幹会の創立をめぐって 水野直樹著. 1920年代朝鮮女性運動とその思想 - 槿友会を中心に 宋連玉著. 植民地下民族文学論再考 兪澄子著 ほか

所蔵情報を非表示

朝鮮資料-図書(B1F)

100076084



書誌詳細を非表示

著者標目 飯沼, 二郎(1918-) 編 <イイヌマ, ジロウ>
姜, 在彦(1926-) <강, 재언>
件 名 NDLSH:社会思想 -- 朝鮮 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:309.0221
NDLC:EB15
書誌ID SS00714789
NCID BN00632917 WCLINK

 類似資料