webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

スフィンクスステーキ : ミュノーナ短篇集 / ミュノーナ著 ; 鈴木芳子訳・解説
スフィンクス ステーキ : ミュノーナ タンペンシュウ

出版者 東京 : 未知谷
出版年 2005.5
大きさ 189p ; 20cm
内容注記 やさしい巨人
へべれけ花と幽体離脱したオットカール
肺のパラダイス
雲が雨を上方に降らせるとき
息子
老いた未亡人
老いた俳優ミドリギさんのクリスマス
性格音楽 : 毛のお話
ローザ、警官の美しい妻
ゲーテ蓄音機 : ある愛の物語
不思議な卵
鼻持ちならない鼻
道しるべのネグリジェ
アモールの新床
スフィンクス・ステーキ
謎の一団
誘拐
合体
永遠に美しく……
うちのパパとオルレアンの乙女
ミュノーナ百歳の誕生日
一般注記 原書復刻版の抄訳
ミュノーナ/ザロモ・フリートレンダー年譜: p186-189
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(1F)

103771830
4896421272

書誌詳細を非表示

別書名 標題紙タイトル:Gebratenes Sphinxfleisch und die andere Grotesken
奥付タイトル:スフィンクス・ステーキ : ミュノーナ短篇集
原タイトル:Rosa die schöne Schutzmannsfrau und die andere Grotesken
著者標目 Mynona, 1871-1946
鈴木, 芳子(1957-) <スズキ, ヨシコ>
分 類 NDC8:943
NDC9:943.7
書誌ID SS00630945
NCID BA72381898 WCLINK

 類似資料