webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

哲学・言語論集 / J‐P.サルトル著 ; 白井健三郎 [ほか] 訳
テツガク ゲンゴ ロンシュウ

出版者 京都 : 人文書院
出版年 2001.2
大きさ 245p ; 20cm
内容注記 フッサールの現象学の根本的理念 : 志向性 / 白井健三郎訳
新しい神秘家 / 清水徹訳
デカルトの自由 / 野田又夫訳
唯物論と革命 : 革命の神話 / 多田道太郎訳
唯物論と革命 : 革命の哲学 / 矢内原伊作訳
作家とその言語 / 鈴木道彦訳
人間科学 (アントロポロジー) について / 海老坂武訳
一般注記 「シチュアシオン」1, 2, 9から哲学・言語関係の作品を選び再編集したもの
解説「間主体性の場としての批評」: 澤田直
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

一般書架(4F)

103146398
4409030590

書誌詳細を非表示

別書名 原タイトル:Situations
標題紙タイトル:L'écrivain et sa langue
著者標目 Sartre, Jean Paul, 1905-1980
白井, 健三郎(1917-) <シライ, ケンザブロウ>
分 類 NDC8:135.5
NDC9:135.54
NDLC:HD131
書誌ID SS00859784
NCID BA5100297X WCLINK

 類似資料