webcat_plusで詳細を確認

この情報を出力する

このページのリンク

文学こそ最高の教養である / 駒井稔, 「光文社古典新訳文庫」編集部編著
ブンガク コソ サイコウ ノ キョウヨウ デアル
(光文社新書 ; 1075)

出版者 東京 : 光文社
出版年 2020.7
大きさ 597p : 挿図 ; 18cm
内容注記 フランス文学への入り口 / 駒井稔 [執筆]
プレヴォ『マノン・レスコー』 : 自由を求め、瞬間に賭ける : フランス恋愛小説のオリジン / 野崎歓, 駒井稔 [述]
ロブ=グリエ『消しゴム』 : 戦争体験に裏打ちされた、ヌーヴォー・ロマンの方法論 / 中条省平, 駒井稔 [述]
フローベール『三つの物語』 : 隠れた名作、その感動的なラストを日本語で再現する / 谷口亜沙子, 駒井稔 [述]
プルースト『失われた時を求めて』 : 「いま」「この瞬間」によみがえる、深い目論み / 高遠弘美, 駒井稔 [述]
ドイツ文学への入り口 / 駒井稔 [執筆]
トーマス・マン『ヴェネツィアに死す』『だまされた女/すげかえられた首』 : 謹厳な作家が描くエロスの世界・三部作 / 岸美光, 駒井稔 [述]
ショーペンハウアー『幸福について』 : 天才哲学者の晩年のエッセイはなぜベストセラーになったのか? / 鈴木芳子, 駒井稔 [述]
英米文学への入り口 / 駒井稔 [執筆]
デフォー『ロビンソン・クルーソー』 : 百カ国以上で訳された「イギリス最初の小説」の持つ魅力 / 唐戸信嘉, 駒井稔 [述]
オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』 : 『一九八四年』と並ぶ、元祖「ディストピア小説」を読み解く / 黒原敏行, 駒井稔 [述]
メルヴィル『書記バートルビー/漂流船』 : 謎の多い『白鯨』の著者が、巧妙に作品に隠した秘密とは / 牧野有通, 駒井稔 [述]
ロシア文学への入り口 / 駒井稔 [執筆]
ナボコフ『カメラ・オブスクーラ』『絶望』 : 『ロリータ』の作家が、亡命時代にロシア語で書いた小説の謎 / 貝澤哉, 駒井稔 [述]
ドストエフスキー『賭博者』 : 文豪の三つの病、そしてルーレットと性愛と創作の関係とは? / 亀山郁夫, 駒井稔 [述]
日本文学・アフリカ文学・ギリシア哲学への入り口 / 駒井稔 [執筆]
鴨長明『方丈記』 : 達観していない作者、災害の記録 : 予想外の人間臭さの魅力 / 蜂飼耳, 駒井稔 [述]
アチェベ『崩れゆく絆』 : 世界的ベストセラーに見る、アフリカ社会の近代との出会い / 粟飯原文子, 駒井稔 [述]
プラトン『ソクラテスの弁明』 : 哲学二千年の謎を解く : 死の理由、そしてプラトンの戦略とは / 納富信留, 駒井稔 [述]
イベント会場の隅から / 宇田川信生 [執筆]
目次/あらすじ

所蔵情報を非表示

新書(2F)

105549739
9784334044824

シラバス指定図書(3F)

105652014
9784334044824 禁帯出 駒井 稔

書誌詳細を非表示

別書名 異なりアクセスタイトル:文学こそ最高の教養である
著者標目 駒井, 稔(1956-) <コマイ, ミノル>
「光文社古典新訳文庫」編集部 <「コウブンシャ コテン シンヤク ブンコ」ヘンシュウブ>
野崎, 歓(1959-) <ノザキ, カン>
中条, 省平(1954-) <チュウジョウ, ショウヘイ>
谷口, 亜沙子(1977-) <タニグチ, アサコ>
高遠, 弘美(1952-) <タカトオ, ヒロミ>
岸, 美光 <キシ, ヨシハル>
鈴木, 芳子(1957-) <スズキ, ヨシコ>
唐戸, 信嘉(1980-) <カラト, ノブヨシ>
黒原, 敏行(1957-) <クロハラ, トシユキ>
牧野, 有通(1943-) <マキノ, アリミチ>
貝澤, 哉(1963-) <カイザワ, ハジメ>
亀山, 郁夫(1949-) <カメヤマ, イクオ>
蜂飼, 耳(1974-) <ハチカイ, ミミ>
粟飯原, 文子 <アイハラ, アヤコ>
納富, 信留(1965-) <ノウトミ, ノブル>
宇田川, 信生 <ウタガワ, ノブオ>
件 名 BSH:小説
NDLSH:文学 -- 歴史  全ての件名で検索
分 類 NDC8:902.3
NDC9:902.3
NDC10:902.3
書誌ID SS01132452
NCID BB31535295 WCLINK

 類似資料